戒名料は2万円から

おすすめ

戒名料をぼったくられる前に

戒名の相場の金額が当たり前だと思っていませんか?昔からこの金額だからと言われるとそう思ってしまいますが、もっと安くてすめば嬉しいですよね。そこで優しくお手頃なお布施で戒名を授与していただけるお坊さんを紹介します。必要なときだけ来てもらえるお坊さんを派遣します。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

お寺さんとの付き合い方について

"みなさんは、お寺さんとはどのようにお付き合いしていらっしゃいますか?お寺さんとのお付き合いでは、どんなことに気をつけていらっしゃいますか? 実は最近、お寺さんとの付き合い方について少しばかり悩んでいる私なんですよね。 実は私の母はというと、ものすごく信心深い人で専業主婦だったということもあって、お寺さんとはとてもうまくお付き合いしていたんですよ。毎月のように家まで来てもらって、仏壇の前でお経を唱 >>お寺さんとの付き合い方についての詳細を確認する

ストレスのないお寺さんとのお付き合い

"私の家は先祖供養に熱心で、お墓参りも頻繁に行きますし、お寺さんとの交流も深いほうだと思います。 お寺さんからすれば、熱心な檀家さんという風に捉えて頂いてると思いますが、実際お寺への貢献度みたなものは低い方だと思います。 ですが、家族ぐるみでのお付き合いもあったりするので、心の繋がりはあると思います。 よくお参りに来て下さる時や、お寺に伺った時は、お説教というのがありますが、正直なかなか理解や納得 >>ストレスのないお寺さんとのお付き合いの詳細を確認する

お寺さんとのお付き合い

"私の実家は田畑に囲まれ、緑がいっぱいの地域にありました。約200世帯の中に、お寺が一つありました。 私が小学生になった頃から、約20年間同じお坊さんがお寺を守っています。 その前は違う人がやっていたのですが、高齢でやめることになり、当時村の世話役をしていたうちの祖父が、連れてきたのが今のお坊さんです。 小さい頃はお坊さんの奥さんに、音読の仕方を習っていました。小学生5人ぐらいで週に一回通うのを、 >>お寺さんとのお付き合いの詳細を確認する

宗教は生きている者のために

"私の実家に来ていただいているお寺さん(住職さん)は、祖父が亡くなって満中陰の法事のときにこのようなお話をされました。 「もし、祖父のお墓参りが年々おろそかになっていったとしましょう。 そしてその頃より家庭の中でトラブルばかりが続くようになった。 それをある高名な占い師に相談したところ、祖父がお墓参りに来ないから怒っている、と言っている。 さて、あなたはどうしますか?」 私はこの話を聞き、「祖父は >>宗教は生きている者のためにの詳細を確認する

我が家とお寺との関係

"我が家では檀家制度が残っているので、お寺との関係は身内の中で死者が出た、あるいは死者に関わる季節ごとの行事関連で関わり合うことがあります。しかしながら父母の世代になると、この付き合いも途絶えそうな予感がしています。特に檀家制度が色濃かった父方の家も、祖父母の世代まで。父の世代以降は確実に伝承されるかどうか未知数なのです。 我が家とお寺との付き合いは、時代ごとにその結びつきが薄らいできたように感じ >>我が家とお寺との関係の詳細を確認する

お通夜の席での会話あれこれ

"私の経験談でお話しさせて頂きます。 まず昔までお通夜と言うと私の場合、皆さんがもっと暗く沈んでいらっしゃるものだと思っていましたが、以外とそうでもなく時には 大きな笑い声すら聞こえてきた事もあった位です。 そんな感じですから会話もかなり自由なものですね。 まずはやっぱり故人を偲びます。 一緒に飲み歩いた時の事や、ドコドコに行ったり遊んだりと思い出の限りを話します。 その時は切なくも懐かしくなりま >>お通夜の席での会話あれこれの詳細を確認する

お通夜の席では

"お通夜とひと言で言っても、亡くなった人、亡くなった年齢、亡くなり方によってその場の雰囲気ってまったく別物ですよね。 友人が20代で火事で亡くなった時にはご両親の憔悴ぶりが際立ってて、会話するどころでなくすすり泣く声だけが響くようなお通夜の席でした。この時は亡くなった友人を偲ぶことすらつらいようなお席でした。 逆に、祖父が90歳を超えて亡くなった時には、お通夜の席も明るいものです。大往生というんで >>お通夜の席ではの詳細を確認する

お通夜の時の話には、気を遣います

"親戚のお通夜や知り合いのお通夜に参列することがあるのですが、亡くなられた年齢や状況によって違うかなと思います。 親戚の90歳になる男性が亡くなった時には、集まった人達と自分の近況などについて話をしたり、雑談をする余裕がありました。しかし20歳ぐらいの時に、一つ下の人が交通事故で亡くなったお通夜では、私も周りの人も含めて沈黙するしかなく話はあまりしませんでした。 お通夜に参列した時には、自分たちの >>お通夜の時の話には、気を遣いますの詳細を確認する

やはり故人の思い出が出てきます

"これまで、お通夜、お葬式には何度か参列したことがあります。 祖父や祖母が亡くなるときは、病気だったので 亡くなったと聞くまでには、ある程度の心の準備ができていました。 そしてまだ学生だったので、親戚やいとこに会って話すことで 悲しみも少し和らぎました。 親戚ということで、お通夜に引き続き、翌日のお葬式が終わるまでは 親戚の家に泊まり、やはりいとこたちと夜遅くまで話しました。 今になって考えてみる >>やはり故人の思い出が出てきますの詳細を確認する

通夜の席は縁者の近況話

"人間を数十年やってくると、親戚やら知人、身内など何回か通夜、葬儀の席に出ることがあるものです。 地域によって微妙に風習は違うようですが、最初は喪主や家族へのお悔やみの挨拶からはじまり、集まっている親類縁者への簡単な挨拶となり、故人の亡くなった経緯などを聞いたり、話したりというところが一般的でしょう。 通夜の焼香客や、坊主の経などが一段落してしまえば、後はほとんど身内だけの世界となる為、話す事の多 >>通夜の席は縁者の近況話の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

お寺さんとのお付き合い
"私の実家は田畑に囲まれ、緑がいっぱいの地域にありました。約200世帯の中に、お...

宗教は生きている者のために
"私の実家に来ていただいているお寺さん(住職さん)は、祖父が亡くなって満中陰の法...

我が家とお寺との関係
"我が家では檀家制度が残っているので、お寺との関係は身内の中で死者が出た、あるい...